2005年05月31日

フォーラムの様子をUPしました。

まだ整理不足ですが、5月26日に開催された「徳山のまちを考える連続フォーラム」の第1回の様子を写真と動画でUPしています。
動画の声が今ひとつ聞き取りにくいかもしれませんが、ご覧下さい。
最初の私の説明も早口で聞き取りにくいですね。申し訳ないです。
 
 
  

Posted by dke at 07:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月29日

市職員さんとは同じ目線で・・・

遠方から私たちの活動にアドバイスをしてくれている友達が、先日のフォーラムの内容についての気づきを何点かまとめてくれた。
 
1.市職員への対応
市民の選挙によって選ばれた公人である市長・議員と市の職員は違います。期待に沿わない場合には、市長・議員に対しては厳しい批判も当然ですが、市職員とは同じ目線で街づくりを議論すべきで、一方的に批判をして距離をつくるのは大きなマイナスです。」
 
このように整理してくれると、今後のフォーラムを進めていく時の参加者への説明に便利だ。
 
昨日も、岐山会の30期代で集まる会があり、市の職員さんとも話す機会があったが、職員さんの個人的な意見と職務として行っている内容は必ずしも一致しないかもしれない。と言われるので、でも、仕事である以上、命じられたことを一生懸命やらなければいけないのも現実。だから、そのあたりをもっと市民は理解して話し合いできたらいいよねぇ。と話したら、ありがたいです。と言われていた。
(私たちの期がいちばん年上なので、ちょっと先輩ぶっていたのだけど・・)
 
その時にも出た話で、市民が意見を言う先は違うのではないかな、と思った。その担当課というのは、企画のほうで、今回の中心市街地整備課は決まったことをとにかく実施していくのが仕事。計画を変更したり、市民の意見を聞いたりは企画のほうかな。
フォーラムの最後に市長が出てきて、説明すべきとの意見が出たが、これはちょっと?。あまり、具体性のある議論は無理だと思うので・・
 
遠方から応援してくれている友達のメールには、「高専の校長先生は、せっかく関心をもってフォーラムに参加していただいたわけですから、早急にメールでも良いのでコンタクトをし、意見を聞くべきです。」とありました。さすが、経済の中心地でがんばって仕事している方だな、と感心した。ちょっと勇気を出して、メールを送ってみようかな。
 
  
Posted by dke at 15:04Comments(0)TrackBack(0)

郷土史

ずーと年下の方ですが、徳山高校の後輩さんが、昔の徳山市長のことや地方史のことを書いておられて、たまにのぞきます。地元にはおられないようだけど、こういうものが読めるのもインターネットの力だなぁ、と感動します。
今は、戦前からの周南合併の歴史を書かれています。
 
徳山の地方史といえば、専門家として、もと市長の弟さんとか、もと○○長のた○○さんとか(ってよく知らない。)年配の方が、すぐに思い浮かぶので、ちょっと難しいカンジがして、読んでみたいとか、聞いてみたい、とか思わなかった(でも、もと市長さんの弟さんが書かれていたものを何かで読んだらおもしろかったけど・・、決めつけるのが私の悪いくせ)のだけれど、この後輩さんのは読んでみたいと思うから不思議。お若い方だから?読みやすい気がします。
また、これまで、彼の同級生さんが運営される掲示板への書込みをたまにのぞいて、彼の考え方に賛同しているからかもしれません。
徳山に暮らす人の誇りである あの駅前の広い通りを作った長谷川市長のことをずっと書いておられるのもおもしろいですよ。
  
Posted by dke at 14:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月28日

エンパワーメント

私がフォーラムのあと、落ち込んだのは、やっぱりそうだったのか、と参加してくださった方のブログを読んでなっとく。
市の担当者へ悪い、という気持ちより、この市民の話し合いへの姿勢。これをどうにかしないかぎり、私たち市民の意見は軽んじられ続ける、という危機感をもったからだ。
CAAの最終答申の最後に載せる参加しての感想にも書いたけど、市民がもっと力をつけること(エンパワーメント)と市民と職員がお互いの立場をもっと知ること、は市民参画を目指すなら、ゼッタイ必要。これから始まる条例づくりは、この点をよく考えて進んでほしい。
 
徳山のまちを考える連続フォーラム第1回に参加して思い出したのが、宮台さんの表出と表現という言葉。絶望から出発しようという本にあったと思うけど、自分の思いをぶつけて、発言することで満足していたのでは、あまりにも戦略がなさすぎる。これまでの私もそうだったかもしれない、とこの本を読んで感じ、反省したのだけれど。
でも、ちょっと内緒だけど、私の戦略の中には、ここまでひどくなくても批判的な意見はでてほしい、という思いがあったかも。それでないと、市の計画がどんどん進むことにブレーキがかけれないし、市議会が作ろうとしている特別委員会も反対が出て流れるかもしれない、との危機感があったので。きっと、特別委員会設置を提案された議長さんたちも“市民にさわいでもらえ”との思いがおありだったでしょう。
こうやって、市民の意見はいろんな思惑に利用されるんだな、と実感して、さらにブルーになったのもあるかも・・・
  
Posted by dke at 08:18Comments(0)TrackBack(0)

ビジネス支援図書館

仕事仲間の女性から、メール友達がビジネス支援図書館と司書資格について興味を持っているんですけど、どう思います?と聞かれたので、私もすごい興味あるんよ、と話が盛り上がりました。
何ヶ月か前、木村県議が交流拠点施設にふさわしい機能として注目している、周南の企業の資料をそろえる、起業のアドバイス等もする・・・と言われた時、なんて周南市にピッタリの施設。県内ではゼッタイ周南にあるべき。と興奮しました。
  続きを読む
Posted by dke at 06:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月27日

フォーラムでの意見

私の進行が悪いのか〜、と悩んでいたら、すでに昨日のフォーラムで出た意見をまとめていただいたHPがあった。木村健一郎県議のサイトです。
頭の整理ができて、ありがたいです。ビデオもとっているけど、もう一度見直すより、これを見た方が早いかな。
 
昨日は、市議会議員さんも数人参加してくださっていたけど、県議はおひとりだったかな?他の行事(エライ方の慰労会?)と重なったから、そちらへ行かれた方も多かったのでしょうね。
高専の校長先生も来てくださって、この方はどこでも来てくださる方だねぇ、とみんなが言ってた。でも、昨日の参加者の少しヒステリック気味にも思えた意見にはどんな感想を持たれたのか?聞いてみたい気もするし、聞きたくない気もするし・・・
 
  
Posted by dke at 08:42Comments(0)TrackBack(1)

私ではだめなのでは・・・

徳山のまちを考える連続フォーラムの第1回目。
・・な日々にあるとおり、少し市の担当者がかわいそうだった。私の進行がまずかったのか、私が主催だと議会解散のイメージが強いのか、正直、あそこまで批判的な意見がたくさん出るとは予想していなかった。
告知も遅かったし、人が集まらないかもしれませんよ。と市の担当者にはお伝えしていたのに、参加者も多くてびっくりした。
ちょっとブルーで、おちこみ。
元気が出てから書こうと思います。おやすみ。
  
Posted by dke at 01:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月25日

CAAに参加して

旧新南陽市時代に市民と行政がいっしょに協議し、良い施策提言については予算化するという委員会形式の市民参画手法のひとつCAAを合併後の周南市でも取り組むということで、私も参加しました。
期待していたものとちょっと違うという思いもありましたが、ついにその答申を市長へ提出するということになり、そこへ参加しての感想を最後に載せてもらいました。
いろいろ悩んで、次のように書きました。
 
  続きを読む
Posted by dke at 12:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月24日

商店街はなぜ嫌われる?

昨日のお昼休みにフォーラムのチラシを商店街に配布してもらうようお願いしてまわっていたら、既存の商店街は昔とあいかわらずだな、と思った。なんか人ごと。不思議。
 
でもぴーえっちどおりのおもしろいお店の方々に配る時はちょっと違った。このとおりや新町ビルのまわりは、若い人たちががんばってるんだな。ってかんじでうれしい。
 
アイビーとかトラッドとか昔から個性的なお店でがんばってきた店主と出会って、年をとられたなぁ。と思ったけど、あいかわらずおしゃれ。でも、まちの活性化のためにがんばってきたけど、うしろをふりむくと誰もおらん、ってカンジで・・・と疲れきったように言われていた。わかる気がする。うッ
でも、これまでがんばってきたことが公共事業によって もしかしたら大きく動くかもしれないんですよ、今、がんばらないと、と自分にも言い聞かせるように話した。そしたら、私も行きますからがんばってください。とのこと。がんばらなくっちゃ。
  
Posted by dke at 09:43Comments(0)TrackBack(0)

徳山駅周辺整備構想

26日のフォーラムの告知が遅れているので、朝からメールを打ち続けていた。市民活動支援センターにいつものように他のグループに転送してもらうように土曜日に送ったのに、こちらの書き方が悪いのか、庁内での回覧だと思われたらしい。これまでの熱心な担当者が協働室にかわられたので、 今ひとつ・・・なのか?気をつけようっと。
ここで書いてもしょうがないけど、書いとこ。

「徳山のまち」の再生は可能か?
まちの細胞を活性化したい!と活動してきた周南ねっとでは、
周南市の駅周辺整備構想が発表されたことを契機に、過去の計画
や現在の計画を学習し、どうすれば「徳山のまち」は再生できるの
か?ということを話し合う徳山のまちを考える連続フォーラムを
5回程度開催したいと思っています。
その第1回目は、市の中心市街地整備課担当者に出前講座を
お願いし、計画について、説明を受けたいと思います。
ぜひ、お集まりください。
 
■徳山のまちを考える連続フォーラム■
  日時:平成17年5月26日(木)午後7時〜午後9時
  場所:徳山駅ビル3階 市民交流センター講座室
  内容:周南市中心市街地整備課の担当者より計画について
     の説明を受けます。
  主催:周南ねっと
      
  
Posted by dke at 09:37Comments(0)TrackBack(0)