2005年08月15日

反対意見を封じ込める そんな国はいや。

今回の選挙で、これからの国のあり方をどう考えるべきか、内橋克人さんのご意見がぜひ聞いてみたいと思っていたけれど、最近、あまりTVには出られません。少し前、NHKの日曜朝の討論番組に出られて、小泉首相の考え方にだったか、郵政民営化法案にだったか忘れたけれど、反対意見を述べられていたのを覚えていますが、主流派というよりは、反主流という扱いだった感じです。

植草一秀さんもよく小泉首相の政策に批判的な意見を述べれられていましたが、逮捕されてしまいました。その時、ちょっと“そういう力”が働いたのかな?と疑いましたが、考えすぎだったのでしょうか?ご本人はずっと無実を主張されています。でも、あれだけ出演されていたTVからは締め出されてしまいました。

小泉さんに批判的な評論家やコメンテーターはみんなTVからしめだされてしまうのではないかと漠然と感じていましたが、に倦む日々にも同じようなことが書かれていたので、私の考えすぎではないと思います。TVの影響はホントに大きいので、心配です。

世に倦む日々には、自民党の武部さんや竹中さんが選挙の争点として使いだした「小さな政府」について、どうも違う!と 私が漠然と感じていたことが明解に言葉にしてあり、あっそうかと納得できて、うれしくなりました。まったく賛成!こういう考え方で「大きな政府でいいんですか?」と簡単にどちらかに分類しようとするTVの司会者たちに反論してほしい。

そういえば、6月に 郵政民営化法案特別委員会で 野田聖子さんが 人口が減っていく10年後の国のあり方を共助というような言葉で表現されていたのに対し、郵便局を民営化して民間同士が競争して民へのサービスが良くなれば良いと主張する小泉さんが、えらく古い人に思えた。 と書いたけれど、その時、感じた気持ちも ここのブログに書かれていることで整理できます。作者の thessalonikeさんってどんな方なんだろう?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dke/50001892
この記事へのコメント
こんにちは、thessalonikeです。

今から十年以上前のバブルの頃にお仕事で徳山へ行ったことがあります。そのときの記憶では、たしか小野田セメントの企業城下町でした。

印象に残っているのは、飲み屋街がとても賑わっていて、町の規模の割にお店の数が多かったことです。意外でした。今は周南と言うんですね。

今日は終戦記念日、私が尊敬する丸山真男先生がお亡くなりになられたのが、今からちょうど十年前、1995年の今日でした。
Posted by thessalonike at 2005年08月15日 21:00
コメントいただき、ありがとうございます。感激です。
TVを見ていると、なぜ、あんなに小泉さんにすり寄った意見ばかり出てくるのかと、不安になります。私たちは、こんな状況に抗議すべきなのではないでしょうか?あまりにもひどすぎます。何か具体的にできることはないのかなぁ、と思いますが、もう、今日からまた仕事が始まり、それどころではなくなるのでしょうか?悲しいです。

徳山は、かつて人口比率では いちばん飲み屋さんが多い街と言われていました。今は、全国的な傾向と同じで中心市街地がさびれていますが、夜の街はがんばってほしいと思います。でも、景気がいちばん影響する産業でしょうから、なかなか厳しいようです。
でも、徳山のふぐは、通の方の間では有名で、全国的には下関が有名ですが、徳山沖でとれるとらふぐはかみのふぐと言われる上物です。ふぐを食べに、またぜひ徳山におこしください。
Posted by とくら at 2005年08月17日 07:56
こんにちは。小泉首相もなりふり構わず頑張っていて、テレビのニュースだけを見ていると、いかにも自民党が圧勝しそうな雰囲気に見えますが、少し引いて冷静な気持ちで眺めてみたら、これは自民党の最後の断末魔のような感じがしないでもありません。

9月11日には小泉自民党が大敗するという運命の瞬間が待っていて、それへ向けて一日一日と歴史が刻まれているのだと思いましょう。そう心の中で確信を持って、表面の動きを見守りましょう。こんな小泉政治が続くわけがないと思うのが当然なのです。

小泉首相は自国の国民をバカにしすぎているし、人は簡単に騙せるものだと安直に考えすぎているように思いますよね。

残念ながら徳山ではふぐにありつく機会はなかったのですが、夜中に屋台のラーメンをいただきました。このあたりは九州の文化的エリアに入るのかなあと感じた記憶があります。また機会があれば行ってみたいです。
Posted by thessalonike at 2005年08月17日 22:33
はじめまして。訳あって匿名で失礼します。

「反対意見を封じ込める」といえば、自民党は自分らの邪魔となる労働組合を本気で潰そうとしています。武部は「自治労と日教組が日本の病巣だ」扱いをして躍起になって潰しにかかってます。自民党HPでは、官公労を「錆び付いた鎖をさらに頑丈にしようとする勢力」扱いです。正直言って、「自分らに逆らう勢力は皆潰す!」という姿勢にはうんざりしてしまうし、これは民主主義に対する挑戦だと見てます。

こんな自民党を支持する人って、一体どんな人なのか?って考えてしまいます・・・・
Posted by 匿名 at 2005年08月23日 20:07
匿名様
コメントいただき、ありがとうございます。多様な生き方や価値観を認めるのが、政府が進めたかったものではなかったのでしょうか?いつからこんな国になったのでしょうか?
権力に批判的であるべきジャーナリズムが権力にすり寄っていることも原因のひとつだと思います。ジャーナリストが互いにチェックしあってもらいたいと思うのですが・・・
Posted by とくら at 2005年08月24日 13:08
世の中なにがあるかわかりません。。。
いかがなもんなんですかね。。。
Posted by ヨン様の秘密 at 2005年08月29日 19:44